1、 花の彩 ひとひら乗せて
    流れ流れる 奥入瀬は
   ガラスの欠片か 十和田の涙
   せせらぎつづく 十二の橋を
    あ ぁ  雲も徒然 北の空

2、 あの人が 教えてくれた
    昔 むかしの 物語り
  今も有りそうな 小岩木山 の
   白樺林 木漏れ日 浴びる
    あぁ  こころ徒然 北の旅

3、 風の香を 尋ねる頃は
    ねぶた祭りの 灯り降る
   ここはみちのく 弘前あたり
    寄り添いながら 絡める指に
      あぁ 夢も徒然 北の宿

          info@higashiosaka.jp


作詞 佐久間 まこと