ある人はコツコツと歳月かけて・・・

              ある人は一瞬の閃きの中で・・・

                   ある人は夢の中 閃めきに・・・
知的所有権が発生するモノを製品化と販路!
日本商工会議所属する527ヶ所約158万千会員、その他の団体組織の全員が地域の異業種営業マンとして
活動が期待され超新産業の誕生するとで国内企業86.7パーセントを占める中小企業の活性化により経済不況
から脱出する、営業品目「電気機械工業品」「生活環境製品」「福祉関連用品」など宝石など贅沢品を含まない
準生活必需品である。
超新産業製品として今までに無い製品を軸とし日本の内需及び輸出益を得る、各市町村の異業種参加グループの中から志望有力会社のカスタマーマネージャーが地域各組織を総括する。
(カスタマーマネージャーとは全国営業拠点的な役割を担う、その他異業種参加業者は販売店)
参加企業とて、自動車用品販売・ガソリンスタンド・ホームセンター・ファミリーシヨップ・ホームセンター・電気屋等
    知的所有権売買移動システムにより 日本隅々からの情報と製品が 世界の アウトバーンを激進する !
東大阪製造業<メーカー>各自治体商工会議所・商店連合会・組合組織<販売サービス業>

制作 著作





資金 ⇒設計デザイン ⇒試作 ⇒製品製造 ⇒流通 ⇒販売業者 ⇒サービスネットワーク

プロデューサー  花本 義一

info@higashioska.jp

Copyrght (C) 2003-2005 hana patentrecordoffice inc All rightsreserved

■  知的所有権として「特許」はここ数年、個人、法人を問わず膨大な数の出願が行われています
   「特許は儲かる」・・・と言う時代である、昭和20年代、戦後のモノが不足していた時代は数多くの
   「発明」がなされましたが、今日の様に広範囲の分野に渡って超産業モノの研究、開発されていない。
■  特許に関連する「モノ造り」に徹すると、そこに特許が関与することになります。
   欧米ではアイディアの段階で「お金」になる場合が多いようですが、日本では形にならないと「お金」に
   なりません、特に行政が関与する「補助金」などの助成又は支援などは形が無くては進展しない、しかし
   その新産業的アイディアがどんどん出願され申請されます、ある場合、知的所有権が付帯条件となるので
   行政管理である知的所有権の取得が有利な条件となります、「埋もれた財産」にしないことです。
■  発明家は絶えず超メモを求め追いつづける
   アイディアはメモる事、メモを持ち歩き寝る時も枕元にメモを用意「ひらめいたらメモる」後で思い出せない?
   こともよくあることです、「このぐらいの事はいつでも思いつく」・・・と思ったことが後に辛苦します
   アイディアマンはメモすることがが必須条件です。
■  アイディアは容易に他人、又は多数の人中で話さないことが鉄則です。
   聞いた人は「関心」なくても、その人の話「又聞き」その又「又聞き」と話が伝わる中でそれを誰かに
   「出願」又は「商品化」される可能性があります。
■  特許とは?
   人の考案から産業上及び新規性なる工業的発明されたものを特定の権利として認める
   行政権であります、その権利の利用することを承継者に与えられる行政の権利として
   世界各国で特許行政監督庁があります。 発明に係る特許権、個人と企業間のトラブル要対策?