1 独身暮らしの 小雨の夜は
  なぜに恋しい 紫灯り
  綺麗な洒落も 言えないけれど
    酒の力で お前が好きと
   やっと台詞が 言える夜

2  過ぎた昔の 話の続き
   聞いておくれと 肩寄せかける
   胸のホクロは 男に泣くと
     見せる谷間の お前のしぐさ
    誘いごころか  回し言

3 そんな愚痴など グラスに消して
   次の舞台の 衣装を変える
   夫婦芝居の 筋書き通り
   夜の濡れ場は お前が主役
      恋はおんなの 花道
      info@higashiosaka.jp

作詞 曲 はな ちかし