メタボリックシンドロームとは ・・・・・

糖尿病は高血圧と合併しやすいと言うことで、それは怖い病気の起因になってきます。
糖尿病、高血圧、高脂血症の3つは中高年がかかりやすい生活習慣病の代表で、単独でもさまざまな症状を引き起こす、もっと怖いのは合併症で複数危険因子があることで
それだけ発症リスクが高まることからメタボリックシンドロームと呼んでいる。
メタボリックシンドローム?
簡単に言えば食べ過ぎと運動不足により心臓病などの発症リスクが上昇する状態だと思えば良い食べ過ぎ! 運動不足! それって中高年なら誰でも心配しで怖い。
食べ過ぎと運動不足が続くと内臓に脂肪がたまり、それがベースとなって高血圧や高脂血症といった病態を起こす、もちろんそこに遺伝的要因が重なることもある。
その結果、相乗的に他の病態を合併する確率が高まり、動脈硬化を起こすリスクもさらに増大する例えば
高血圧の患者は、血圧が高くない人に比べて、糖尿病を合併する頻度が約2倍も高いといわれている、また逆に、糖尿病患者は、そうでない人に比べて、高血圧を合併する頻度がやはり約2倍になる、これらの生活習慣病にはそれぞれ密接な関係があり動脈硬化になる。
動脈硬化は心臓病につながっている。
脳梗塞のような脳卒中も主な原因は動脈硬化である。日本人の三大死因は豊かな食生活で
がん、心臓病、脳卒中でその内の2つはメタボリックシンドロームによりリスクが高なる。
どんな人がメタボリックシンドロームの危険性があるか?

生活習慣病
食べすぎ、飲みすぎといった食生活の乱れや、運動不足、喫煙などが引き金で起こる病気が生活習慣病です。昔は成人病と呼んでいましたが、若年層でも発病することがあります。
今は生活習慣病といわれています。

動脈硬化
動脈壁に脂肪が沈着したり、弾力のない線維が増えることで硬くなったり、厚くなったりする病気です。体中のどの動脈でも起こり、重大な病気につながる原因になります。

心臓病
動脈硬化が原因となる心臓病には、心筋梗塞や狭心症があります。
                        
                                  ノルバティスファーマ社      HPより  抜粋

制作 著作







プロデューサー  花本 義一

Copyrght (C) 2003-2005 hana patentrecordoffice inc All rightsreserved

info@higashioska.jp

http://www.e-igaku.com

インターネットで知る 病気・症状・治療・術後例!

open 2007 10

hana patentrecrad office

higashiosaka japan

総合プロデュース 花本 義一

producer g.hanamoto



車椅子生活を避けるためにも日ごろの健康に気をつけましょう。